[Engineer 94] Re: クリティカルセクション

Masami Iwahashi iwahashi @ waw.melco.co.jp
2004年 9月 1日 (水) 12:21:11 JST


熊田さん。

初めまして。岩橋です。

中村さんからオブジェクト指向のお話がありましたので
概念論で申し訳ないのですが簡単にコメントいたします。

共有資源の分析に私が良く使うプロセスは、機能項目ごとに状態を整理します。
各状態が同時に発生するかどうかを分析します。
各状態で応じて操作する資源を列挙します。
平衡状態と資源の操作が共有する部分を見つけ出します。
これは、要求仕様レベルの分析ですが、オブジェクトに実装されれば
オブジェクトの起動サイクルや優先度、多重度の要素を加味して
検証する事になると思います。

> 熊田さん
> 
> こんにちは。中村@アップウィンドテクノロジーです。
> 
> Toshitaka Kumada wrote:
> > こんにちは 熊田寿貴です。
> > 
> > 台風がよく来ますね。通勤にいろいろと影響を受けたのだと
> > 思いますが、いかがでしょうか。
> 
> そうですね。
> 弊社のほうは、昨日は東海道新幹線が心配でしたが、
> 問題なく運行されたようです。
> 
> > 共有資源をプログラムが取り合う部分をクリティカルセクションと
> > 言いますが、それを見つけるための分析方法とクラス図のような
> > 表現図はありますか?
> 
> どうでしょうねえ?
> どなたかご存知の方はいらっしゃいますでしょうか?
> 
> 私の意見ですが、オブジェクト指向による分析を行った
> うえで
> 「リエントラントではないオブジェクトを複数のオブジェ
> クトが呼び出す場合(状態)があるのであれば、そこに
> クリティカルセクションが存在する」
> と言えるのではないでしょうか?
> 
> まずは、そのような状態を見つけるために、状態遷移図
> を作成するのが良いかと思います。
> もちろん、複雑なシステムの場合は、人間の作業だけで
> は、「状態のモレ」が発生するかもしれませんので
> キャッツ株式会社のZIPCなどを利用するのも良いかも
> しれません。(私は使ったことがありませんので詳細は
> わかりませんが)
> 
> ちなみに、オブジェクト指向関連のリンクは
> http://www.embedded.jp/link.html#link_object
> をご参照ください。
> (豆蔵さんやラショナル(IBM)さんが抜けていますが。)
> 
> まずは、お返事まで。
> 
> 
> --
> アップウィンドテクノロジー・インコーポレイテッド (Upwind Technology, Inc.) 
> 技術部 中村憲一 
> E-mail:nakamura @ upwind-technology.com 
> URL:http://www.upwind-technology.com/
> 
> _______________________________________________
> Engineer mailing list
> Engineer @ embedded.jp
> http://www.embedded.jp/mailman/listinfo/engineer

-- 
Masami Iwahashi <iwahashi @ waw.melco.co.jp>




Engineer メーリングリストの案内