[Announce 80] [プレスリリース]横河ディジタルコンピュータがWinCE 6.0開発スタータキットを提供

announce-admin @ embedded.jp announce-admin @ embedded.jp
2006年 11月 13日 (月) 13:34:25 JST


2006/11/13
「日本の組み込み情報」(www.embedded.jp)
アナウンス用メーリングリストの皆様

いつも本サイトをご利用いただき誠にありがとうございます。

さて、本日、横河ディジタルコンピュータ殿よりプレスリリースが届きましたので
お知らせいたします。

-----
2006年11月13日
[プレスリリース]
報道関係者各位
                                          横河ディジタルコンピュータ株式会社

横河ディジタルコンピュータ、アットマークテクノ社製「Armadillo-9」をベースにし
たWindows Embedded CE 6.0開発スタータキットを提供
〜 Armadillo-9、Windows Embedded CE 6.0をサポート 〜

横河ディジタルコンピュータ株式会社(本社:東京都府中市、代表取締役社長 小林龍
雄、以下横河ディジタル)は、株式会社アットマークテクノ製「Armadillo-9」をベース
としたWindows Embedded CE 6.0開発スタータキット「WA010-ANC00-60」の提供を2007
年1月より開始します。
ARMプラットフォーム用Windows CE開発スタータキットの第四弾として、「Armadillo-
9」上で動作するマイクロソフト社の組込み向けRTOS「Windows Embedded CE 6.0」によ
るWindows CE開発スタータキットを開発しました。「Armadillo-9」にはシーラス・ロ
ジック社EP9315(ARM920Tコア)が搭載されています。

「WA010-ANC00-60」は、Armadillo-9(ケースモデル)、BSP(Board Support Package)、
Windows Embedded CE 6.0評価版、および1ヶ月間のエンジニアリングサポートをセット
として、高信頼性・高安全性を追求するRTOSユーザーへご提供します。

この開発スタータキットを使用することにより、Windows CE開発者はArmadillo-9の持
つLAN、VGAなどの様々なハードウェア資源を使用し、豊富なアプリケーション、マルチ
メディア、インターネット接続に対応したパフォーマンスの高いコンスーマ機器などの
プロトタイプ開発期間を大幅に短縮することができます。また、量産向けモデルも別途
用意しており、開発ターゲットと環境を変えることなく、容易に製品へ組み込むことが
可能となります。

Armadillo-9がWindows Embedded CE 6.0のサポートを開始することにより、Windows
Embedded CE 6.0開発者に対して、開発時のご質問、アドバイスなどを含むサポート
パッケージや、ドライバ、ミドルウェアなどの開発受託およびコンサルティングサービ
スなどに加え、この評価キットを用いた実践形式のトレーニングセミナーも定期的に実
施してまいります。これらのサポートサービスにより、ハイエンドマイコン、RTOSを使
用した開発に対して、最良な開発環境を構築することができます。

シーラス・ロジック株式会社 営業第二部 部長 齊藤智季 氏のコメント
「前回のWindows CE 5.0のBSP投入に引き続き、横河ディジタルコンピュータ社、アッ
トマークテクノ社とのコラボレーションを大変嬉しく思います。今回のWindows
Embedded CE 6.0への展開により、さらにマーケット・リーズナブルなソリューション
をお届けできると確信しております。当社ARMプロセッサEP9315搭載のArmadillo-9は、
様々な応用製品へ採用されており市場において着々と確実に認知度を上げ、高品質性を
証明しております。更なるご要望へお応えするため、引き続きの進歩と市場追従に貢献
したいと考えております。」

株式会社アットマークテクノ 代表取締役 実吉智裕 氏のコメント
「組込み機器開発の人材が不足しているといわれる状況の中、充実した開発環境と豊富
な機能を持つWindows Embedded CE 6.0が当社のArmadillo-9と一緒に供給されることは
大変に意義のあることと考えております。小型で低価格なArmadillo-9は、開発用のプ
ラットフォームとしてだけではなく、そのまま量産用の小型コンピュータとしても使用
することができ、高い生産性を持つWindows CEと組み合せることによって、多品種少量
生産が求められる昨今の組込み機器のマーケットに貢献できるものと確信しておりま
す。」

アーム株式会社 代表取締役社長 西嶋貴史 氏のコメント
「今回のアットマーク社製Armadillo-9をベースとしたWindows CE 5.0に続く最新バー
ジョンのWindows Embedded CE 6.0開発スタータキットの横河ディジタルコンピュータ
社からのリリースにより、Windows Embedded CE 6.0の開発者はArmadillo-9の持つ様々
なハードウェア資源を使用することが可能になったばかりでなく、Windows CEの持つ最
新のネットワークやマルチメディア機能を利用した高性能なコンスーマ機器などのプロ
トタイプの開発を短期間に行うことが可能になります。また、今回のWindows Embedded
CE 6.0開発スタータキットとARMコアを組み合わせることにより、Windows CEの開発者
はハイパフォーマンス、低消費電力な製品を、迅速かつタイムリーに市場に出荷できる
ものと確信しております。」

マイクロソフト株式会社 モバイル&エンベデットデバイス本部 部長 梅田成二 氏の
コメント
「Windows Embedded CE 6.0開発スタータキットのリリースは、私たちが目指す優れた
パートナーエコシステムを具現化したひとつの大きな成果です。また、製品開発に挑戦
し続けるデバイス開発者にとって、アイデアをすぐにハードウェアの上で検証するため
の優れた開発環境として非常に有効な製品であり、市場に広く受け入れられるものと期
待しております。」

横河ディジタルコンピュータ株式会社 代表取締役社長 小林龍雄のコメント
「昨年のWindows CE 5.0開発スタータキットの発売以降、多くのお客様からお問い合わ
せと導入をいただき、定期的に開催しているセミナーも実践的な内容が皆様の好評を博
しております。Windows CE 5.0を組み込んだ製品の発売された記事が以前より多く見か
けるようになり、当社が目指した開発環境の整備も一躍を担ったと感じております。
今後さらにWindows CEの組込みが進むことが予想され、Windows Embedded CE 6.0への
期待も高まってくるでしょう。当社ができることは、この新しいRTOSを搭載した製品が
タイムリーに市場投入されるための支援であると考えており、短期開発と高品質を両立
させる開発者の皆様をバックアップしてまいります。」

横河ディジタルは、2006年11月15日〜17日にパシフィコ横浜で開催される
「組込み総合技術展 Embedded Technology 2006」にて、本製品を展示します。
-----

プレスリリースURL
・http://www.yokogawa-digital.com/emb/newsrelease/news/ads061113-1.html

是非とも、会社や学校の先輩・後輩の方々、知人・友人の方々、取引先の方々等にも
本サイトならびにメーリングリストをご紹介いただければと思います。

それでは、引き続き本サイトをご利用いただけますようお願い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------
「日本の組み込み情報」(http://www.embedded.jp/)に関するお問い合わせ、
オンライン広告のお申し込みは、info @ embedded.jpまでお寄せください。
--------------------------------------------------------------------------
協賛:株式会社アックス、アップウィンドテクノロジー・インコーポレイテッド、
   株式会社イーエルティ、株式会社エンベデッド・システム
--------------------------------------------------------------------------




Announce メーリングリストの案内