[Announce 79] [プレスリリース]横河ディジタルコンピュータが品質向上支援ツールの販売を開始

announce-admin @ embedded.jp announce-admin @ embedded.jp
2006年 11月 13日 (月) 13:34:20 JST


2006/11/13
「日本の組み込み情報」(www.embedded.jp)
アナウンス用メーリングリストの皆様

いつも本サイトをご利用いただき誠にありがとうございます。

さて、本日、横河ディジタルコンピュータ殿よりプレスリリースが届きましたので
お知らせいたします。

-----
2006年11月13日
[プレスリリース]
報道関係者各位
                                            横河ディジタルコンピュータ株式会社
                                      株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ

横河ディジタルコンピュータと富士通ソフトウェアテクノロジーズ、
品質向上支援ツールの販売と技術開発の提携
〜 「PGRelief for ARM RealView」の販売開始 〜

横河ディジタルコンピュータ株式会社(本社:東京都府中市、代表取締役社長 小林龍
雄、以下横河ディジタル)と株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ(本社:神奈川
県横浜市港北区、代表取締役社長 芋川敏、以下FST)は、FSTが開発した品質向上支援
ツール「PGRelief for ARM RealView」の販売提携をいたしました。
「PGRelief for ARM RealView」は、プログラミング工程での適用による「早期障害検
出」効果で、より効率的なレビューが行えます。さらに、障害数が少なくなることで、
テスト工程での手戻りを少なくして、「開発期間の短期化」と「コストの削減」を実現
します。C/C++のソースプログラムを解析し、単純なコーディングミスから論理的な誤
りまで的確に指摘し、不当なメモリアクセス、メモリリーク、誤ったメモリ開放や性能
を悪化させる記述なども指摘します。無駄な指摘を抑え、障害原因とはならない箇所に
ついては指摘しない工夫を施しており、開発者に余分な負担をかけません。本製品は、
横河ディジタルの販売するARM RealView Developer Suite(RVDS)のEclipse IDEから直
接PGReliefを実行することができ、コンパイルとプログラムの障害を同時に検出するこ
とができる新たなツールです。

この「PGRelief for ARM RealView」は、開発工程の早い段階でプログラム品質を高
め、製品開発のトータルコストの削減を実現します。近年の携帯機器、情報端末、デジ
タル家電分野ではプログラムサイズが増大し、厳しい開発期間の中で厳しい品質が求め
られています。実機動作で不具合が発覚する前に、開発上流工程でプログラムを静的に
解析し、多くの不具合を指摘したいという要望にお応えする効果的なソリューションで
す。

また、横河ディジタルのインサーキットエミュレータ(ICE)をベースとした開発支援
ツール技術と、FSTのプログラム静的解析技術を戦略的に提携させた新たな品質支援
ツールを共同開発し、2007年第二四半期に製品リリースすることを目指します。

横河ディジタルコンピュータ株式会社 代表取締役社長 小林龍雄のコメント
「FST社との販売提携締結に至った背景は、製品の多機能化に伴うプログラムサイズの
急速な拡大とともに、高い品質への市場の要求を満たすことにあります。開発工程の
上流で障害を検出することが製品の品質を向上させるキーワードとなります。
本製品を使用することでトータルな開発コスト、期間を改善できるものと確信して
います。また、本製品の販売提携をファーストステップとし今後も両社の連携を深め、
お互いが保有する技術を活かし、組込み開発現場の声にお応えできるソリューションを
投入してまいります。」

株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ 代表取締役社長 芋川敏のコメント
「FSTは、横河ディジタル様との「PGRelief for ARM RealView」の販売提携を歓迎致し
ます。最先端ツールを備えたARM RealView Development SuiteとPGRelief for
ARM RealViewの組み合わせにより、お客様の一層の開発効率化、品質管理を実現できる
と確信しております。今後も、組込み開発におけるお客様の様々なニーズに応えるべ
く、パートナーシップを強め、お互いが保有する技術を活用してまいります。」

横河ディジタルとFSTは、2006年11月15日〜17日にパシフィコ横浜で開催される
「組込み総合技術展 Embedded Technology 2006」にて、本製品を展示します。
-----

プレスリリースURL
・http://www.yokogawa-digital.com/emb/newsrelease/news/arm061113-1.html

是非とも、会社や学校の先輩・後輩の方々、知人・友人の方々、取引先の方々等にも
本サイトならびにメーリングリストをご紹介いただければと思います。

それでは、引き続き本サイトをご利用いただけますようお願い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------
「日本の組み込み情報」(http://www.embedded.jp/)に関するお問い合わせ、
オンライン広告のお申し込みは、info @ embedded.jpまでお寄せください。
--------------------------------------------------------------------------
協賛:株式会社アックス、アップウィンドテクノロジー・インコーポレイテッド、
   株式会社イーエルティ、株式会社エンベデッド・システム
--------------------------------------------------------------------------




Announce メーリングリストの案内