[Announce 78] [プレスリリース]横河ディジタルコンピュータのJTAG ICEとイーソルの開発環境が連携

announce-admin @ embedded.jp announce-admin @ embedded.jp
2006年 11月 7日 (火) 15:41:13 JST


2006/11/7
「日本の組み込み情報」(www.embedded.jp)
アナウンス用メーリングリストの皆様

いつも本サイトをご利用いただき誠にありがとうございます。

さて、本日、横河ディジタルコンピュータ殿よりプレスリリースが届きましたので
お知らせいたします。

-----
2006年11月7日
[プレスリリース]
報道関係者各位
                                          横河ディジタルコンピュータ株式会社
                                                            イーソル株式会社

マルチコアプロセッサを使うソフトウェア開発向けに
横河ディジタルコンピュータのJTAG ICEとイーソルの開発環境が連携
〜上位アプリケーションからファームウェアまでの、広範なレベルの開発をサポート〜

横河ディジタルコンピュータ株式会社(本社:東京都府中市、代表取締役社長:小林龍
雄、以下横河ディジタル)とイーソル株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:
澤田勉、以下イーソル)は、マルチコアプロセッサ向けのよりよい組込みソフトウェア
開発環境を構築することを目的とし、横河ディジタルのJTAG ICE「advicePRO」とイー
ソルのT-Kernelベースシステム開発スイート「eBinder」を連携させるための開発を進
めていることを発表します。イーソルのマルチコアプロセッサ対応T-Kernel
「eT-Kernel Multi-Core Edition」をサポートしています。まずは、ARM11コアを最大
4個まで搭載できるMPCoreに対応した製品を、2007年初めにリリースする予定です。
なお、2006年11月15日〜17日に、パシフィコ横浜で開催される「組込み総合技術展
Embedded Technology 2006」の両社のブースにて、デモを展示します。

車載機器や情報家電など、次世代組込みシステムのさらなる高機能化、高性能化の要求
を実現するために、マルチコアプロセッサの検討が本格的になってきました。マルチコ
アプロセッサの能力を最大限に引き出すためには、ソフトウェアが果たす役割が重要に
なってきます。イーソルは、ソフトウェアの核となる、マルチコアプロセッサ対応
T-Kernel「eT-Kernel Multi-Core Edition」を開発しました。既存のシングルコアプロ
セッサ向けのソフトウェア資産を再利用する場合でも、移行を進めやすいテクノロジー
を搭載しています。その開発にeBinderとadvicePROを利用することで、より高機能なソ
フトウェア開発環境を提供します。

次世代の組込みシステムは、ユーザインタフェースやさまざまなアプリケーション機能
など、上位ソフトウェアの開発比率がますます高まる一方で、BSPの立ち上げや、
ファームウェアなどの下位ソフトウェアのデバッグや動作検証などの作業は、組込みシ
ステムの特性上必然的に発生します。eBinderとadvicePROを連携させることで、ひとつ
のユーザインタフェースから、eBinderが提供する上位のソフトウェア開発に特化した
機能やツール群と、advicePROが提供するハードウェアブレーク機能やフラッシュメモ
リ上のプログラムのデバッグ機能などJTAG機能をシームレスに使うことができるように
なります。

さらに、eBinderとadvicePROを連携させて使用するメリットとして、advicePROを、
eBinderとマルチコアプロセッサ搭載ターゲットボードとを接続する通信手段として使
うことができます。ターゲットボード上にデバッグ用の通信ポートを確保できない場合
でも、advicePROが通信機能を提供するので、デバッグ用のシリアルインタフェースな
どを用意する必要がなく、最小限のハードウェア資源だけで開発を進めることができま
す。横河ディジタルとイーソルは、今後採用が本格化するマルチコアプロセッサ向けの
ソフトウェア開発環境の構築について、より現場に即したよりよい環境の構築を目指し
て、密に協力していきます。

横河ディジタルコンピュータ株式会社 代表取締役社長 小林龍雄のコメント
「イーソル社とはすでに“eBinder”と“advicePLUS”の連携の実績があり、ハード
ウェアからRTOSを含めたシステム統合評価までの幅広い評価フェーズで使用可能な開発
環境を提供しております。昨今の組込み業界のキーワードとなる“マルチコアプロセッ
サ”に対しても、“短期開発”と“品質確保”といった、相反する要求に応えるため
に、今後も“eBinder”との連携を加速し、マルチコアプロセッサを採用されるメー
カー様を支援してまいります。」

イーソル株式会社 取締役エンベデッドプロダクツ事業部長 上山 伸幸 氏のコメント
「シングルコアプロセッサ向けのeBinderとadvicePROの連携機能はすでに実現しており
多くのユーザ様にお使いいただいています。以前からの横河ディジタル様との協業をさ
らに発展させ、マルチコアプロセッサに向けたソリューションを提供していきます。
すでに連携動作の実績があるeBinderとadvicePROならではの充実した機能や信頼性と、
両社の緊密な協力による強力なサポート体制をもって、まだ市場での実績や経験が少な
いマルチコアプロセッサを利用する開発をバックアップしていきます。」
-----

プレスリリースURL
・http://www.yokogawa-digital.com/emb/newsrelease/news/a061107-1.html

是非とも、会社や学校の先輩・後輩の方々、知人・友人の方々、取引先の方々等にも
本サイトならびにメーリングリストをご紹介いただければと思います。

それでは、引き続き本サイトをご利用いただけますようお願い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------
「日本の組み込み情報」(http://www.embedded.jp/)に関するお問い合わせ、
オンライン広告のお申し込みは、info @ embedded.jpまでお寄せください。
--------------------------------------------------------------------------
協賛:株式会社アックス、アップウィンドテクノロジー・インコーポレイテッド、
   株式会社イーエルティ、株式会社エンベデッド・システム
--------------------------------------------------------------------------



Announce メーリングリストの案内